仮想通貨はやめておけ?デメリット

仮想通貨あれこれ

仮想通貨 やめたほうがいい

仮想通貨は未来を担う新しい通貨だと考えられがちですが、それは誤解です。このプレゼンテーションでは、仮想通貨が危険で問題を抱えていることを説明します。

仮想通貨とは何ですか?

暗号化通貨

仮想通貨は、暗号化技術を使ったデジタル通貨です。通常の通貨とは異なり、中央銀行が発行するものではなく、分散型台帳技術によって運営されています。

非中央集権制

仮想通貨は、中央集権的な管轄や監視機関の無い自由な市場です。そのため、市民革命的ビジョンを持ち支持者が多いです。

暗号化技術

仮想通貨の特徴は、暗号化技術によって取引や保有が安全に行われる点です。しかし、これは唯一の長所ではありません。

詐欺の実態

インターネット上の詐欺

仮想通貨には、ファンディングやICO、ハッキング、Eメールでの不正取引など、多くの詐欺があります。犯罪者はプラットフォーム上で不正行為をし、さまざまな手口で人々から仮想通貨を盗みます。

手口と被害

多くの仮想通貨は、詐欺師が新しい投資家を集めるために作成しているポンジスキームです。被害に遭った人たちは、多額の損失を被ることがあります。

ハッキングとサイバーセキュリティ

仮想通貨取引所やウォレットアプリは、サイバー攻撃の標的となりやすいです。ハッカーによって狙われた場合、仮想通貨を失うことがあります。

不安定性

大幅な値動き

仮想通貨の市場は、大急落や暴騰が頻繁にあります。一晩で大幅に上昇することもありますが、同じように下落することもあります。

業界の波風

仮想通貨業界はまだ未熟で安定しておらず、規制環境は常に変わっています。今の市場では保証されないものが多いため、リスクが高い投資です。

価値の暴落

仮想通貨は、裏付けがあるものではなく、値動きは結局取引の需要と供給にそっています。あなたのもつ既存の通貨と同じように、その価値は完全に市場に即しています。

エネルギー消費

生産のためのエネルギー

マイニングは、コンピュータとその計算能力を使用して、新しいブロックチェーンを作成するプロセスです。このプロセスには大量のエネルギーが必要で、環境に対して悪影響を与えることがあります。

環境に対する影響

仮想通貨のマイニングは、環境問題を引き起こしています。一部の国々では、エネルギー消費のレベルに基づいてマイニングを禁止している場合があります。

資産価値

市場の不安定性

仮想通貨の価格は常に不安定であり、予測することが非常に難しいです。仮想通貨は、似たような未定の市場の投資商品と同様に、すべての投資家にとって不確実なものです。

価値の保証

通貨、株式、債券に比べて、支援されていません。価値の保証は、それが従っている市場にあるのみです。

投資先としての価値

仮想通貨では、資本の保全や、収入の分配に使われることは難しく、実際には、投資で得られる利益がありません。

規制と法律の問題

規制環境の不確定性

仮想通貨は、いまだにルールが整備されておらず、株式や債券などの証券と異なる扱いを受けています。それは世界各国での法律の違いや規制の遅れが原因です。

マネーロンダリングのリスク

仮想通貨を用いたマネーロンダリングの発生は、誰にも有利ではありません。現在、世界中で多くの国で法制化の動きが進んでおり、市場が規制されることが予想されています。

代替案と将来の展望

バーチャルマネー

金融機関が、暗号化された通貨を自分たちで生成することで、暗号通貨に対して競争しようとしています。

関心を持つ

仮想通貨の技術は、実世界での取引を簡単にするためのブロックチェーンという新たな技術につながっています。ブロックチェーン技術は、新しい「効率的な」ビジネスプロセスや、透明な経済システムを構築する可能性を秘めています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました